輝け加古川こども基金

輝け加古川こども基金は、加古川地域に住む子どもや若者が健やかに育ち、成長することを願い、その支援や環境づくりに取り組む活動を応援することを目的として、東播磨地域にお住まいの個人の篤志により設立された基金です。
この基金では、加古川地域において活動する非営利団体が行う、子ども・次世代の健全な成長や自立の支援に関係する事業を支援します。

「輝け加古川こども基金」第3期募集を開始しました

本プログラムの概要

1.対象団体
①原則として加古川市を活動の対象としている非営利団体(法人格の有無は問わない)
②市民が主体的に設立・運営している団体

2.対象とする事業
子ども・次世代の健全な成長と自立に資する事業
〈事業例〉
①子どもの居場所やコミュニティづくりに関する事業
②子育て中/子育てを控えている保護者の支援事業
③育児環境の改善に関する事業
④子どもの文化芸術・スポーツ等の支援事業
⑤障がい児・者等への理解を深める事業
⑥若者の就労支援に関する事業
⑦その他、子ども・次世代の健全な成長と自立に資する事業

※現在実施中の事業でも申請できますが、既存の事業に対しては、拡充や改善の工夫を行う事業を優先します。
※継続的な事業でも、単発の行事でも、申請できます。

以下の事業は対象としません
①営利目的の事業
②政治活動、宗教活動を主たる目的とする団体の事業
③反社会的勢力の支配下、またはその関係にある団体の事業
④許認可、認証、および登録等を必要とする事業で、当該事業の許認可、認証、登録等を受けていないもの

3.助成対象経費
印刷費、消耗品費、旅費、通信費など、申請事業に直接関わる費用(直接関わる費用であれば人件費等も対象とします)

4.助成対象期間
2018年4月1日(土)〜2019年3月31日(土)
※助成金はこの期間に発生する経費に関してのみ、充当する事ができます。

5.募集期間
2017年10月27日(金)〜2017年12月22日(金)締切(必着)
※必ず指定の申請書にご記入の上、書面にて事務局宛にお送りいただくか、東播磨生活創造センター「かこむ」までご持参ください。E-mail・FAXでの提出は受け付けません。

6.コースと助成額について
【基本コース】10万円上限/10~15団体程度
【発展コース】100万円上限/3〜5団体程度
※両方のコースに申請することはできません。
※助成総額は、380万円程度を予定しています。

7.申請書類
申請に当たっては、次の書類をご提出ください。
【必須書類】
①申請書(所定の様式※) 【基本コース】【発展コース】は様式が異なります
申請書は下記からダウンロードいただくか、E-mail(hyogo@communityfund.jp)または
TEL(078-380-3400)にてお問い合わせください。
東播磨生活創造センター「かこむ」、または当財団事務所でも入手できます。

募集要項(pdf)
<申請書> 基本コース(word)
<申請書> 発展コース(word)
<収支予算書> 基本コース・発展コース共通(excel)

②団体概要資料(下記 a~d の四点)
a.団体の規約または定款
b.役員名簿
c.直近の事業報告および収支報告書
d.最新の事業計画および収支予算書
※これらがない場合は、それに準ずるもの(ご相談ください)。

【任意書類】
その他、パンフレットや活動チラシ、掲載新聞記事など、運営状況がわかる資料

8.選考
選考委員会において選考(2018年2月予定)いたします。
※必要に応じて直接ヒアリングにお伺いしたり、お電話することがあります。
【基本コースの選考基準】
a.申請事業が本助成の趣旨や条件に合致しているか(趣旨の一致)
b.加古川市およびその周辺地域の課題・地域ニーズをとらえているか(事業の必要性)
c.取り組む課題に対して、事業内容が有効であるか(事業の効果)
d.取り組む課題に対して、計画や予算が適切か(方法の妥当性)

【発展コースの選考基準】
上記a〜dに加えて、
e.計画・予算が十分吟味され、事業に必要な人的資源やネットワークもあるか(実現性)
f.地域に根ざし、着実に理解者や支援者、参加者を増やそうという姿勢があるか(地域性)
g.助成期間終了後も、団体として継続・成長の可能性が高いか(発展性)
h.事業が他の団体や地域に広がり、発展していくものかどうか(波及性)

9.決定通知
2018年3月上旬頃までに、文書にて通知いたします。

10.助成金の支払い時期
2018年3月下旬をめどに支払います。
※詳細は、決定通知と共にお知らせいたします。

11.報告について
事業終了後または、助成対象期間終了後2ヶ月以内に「報告書」(所定の様式)をご提出ください。

12.助成対象期間中のネットワークづくりについて
助成対象期間中に、皆様の活動の交流を目的とした交流会(2018年10月頃を予定)の開催を予定しております。ぜひご参加ください。

13.注意事項
次のような場合は、助成金の交付を中止し、返還を求める場合があります。
①申請事業が全く実施されていなかったり、途中で中止された場合。
②助成金の使途が申請案件以外であったり、不明であることが判明した場合。
③助成金が不正な利益の所得や供与に使用されるという疑義が持たれた場合。

14.説明会・個別相談について
【説明会】
本助成金についてご関心をお持ちの皆様に対して、下記の日程で説明会を実施いたします。
参加は申し込み不要、無料です。
参加は申請の必須条件ではありませんが、助成金の趣旨や重視している点などをご説明しますので、申請をご検討の団体はぜひご参加ください。
2017年11月10日(火)18:45〜20:45
※初回のみ、前半:説明会、後半:合同相談会、となります。
2017年11月15日(水)14:00〜15:30
※説明会のみです。
開催場所:東播磨生活創造センター「かこむ」1F講座研修室

【個別相談】
下記3日(9:30〜14:30)
2017年12月7日(木)、12月13日(水)、12月18日(月)
東播磨生活創造センター「かこむ」にて
※要予約(TEL 078-380-3400までお電話ください。「かこむ」窓口でも予約可能です)
※上記に来られない場合、財団事務局でもご相談に応じます(随時、要予約)。
※また、メールや電話での相談も可能です。

15.お問い合わせ・書類送付先
ご不明点等がありましたら、お気軽に下記までお問い合わせください。
公益財団法人 ひょうごコミュニティ財団
〒650-0022 神戸市中央区元町通 6-7-9 秋毎ビル3階
TEL:078-380-3400(月〜金 /10:00~17:00)FAX:078-367-3337
E-mail: hyogo@communityfund.jp(担当:永田、藤田、実吉、本田)

==========================================

「輝け加古川こども基金」第2期募集を開始しました【終了しました】

本プログラムの概要

 1. 対象とする事業
子ども・次世代の健全な成長と自立に資する事業

〈事業例〉
①子どもの居場所やコミュニティづくりに関する事業
②子育て中/子育てを控えている保護者の支援事業
③育児環境の改善に関する事業
④子どもの文化芸術・スポーツ等の支援事業
⑤障がい児・者等への理解を深める事業
⑥若者の就労支援に関する事業
⑦その他、子ども・次世代の健全な成長と自立に資する事業

*現在、実施中の事業でも申請できますが、既存の事業に対しては、拡充や改善の工夫を行う事業を優先します。
*継続的な事業でも、単発の行事でも、申請できます。

以下の事業は対象としません
①営利目的の事業
②政治活動・宗教活動を主たる目的とする団体の事業
③反社会的勢力の支配下、またはその関係にある団体の事業
④許認可、認証、および登録等を必要とする事業で、当該事業の許認可、認証、登録等を受けてないもの

 2. 助成金額、対象団体数 
基本コース(10万円上限) 10〜15団体程度
発展コース(100万円上限) 3~5団体程度

 3. 助成対象期間 
2017年4月1日~2018年3月31日

 4. 申請書 
【必須書類】
①申請書(所定の様式)「基本コース」と「発展コース」では様式が異なります。
申請書は下記からダウンロードいただくか、
メールまたはお電話にてお問い合わせください。
東播磨生活創造センター「かこむ」、または当財団事務所でも入手できます。

募集要項(pdf)
<申請書> 基本コース(word)・(pdf)
<申請書> 発展コース(word)・(pdf)

<チラシはこちら>
tirashi_omotetirashi_ura

②団体概要資料
a.団体の規約または定款
b.役員名簿
c.直近の事業報告および収支報告書
d.最新の事業計画および収支予算書
これらがない場合は、それに準ずるもの。ご相談ください。

【任意書類】
その他、パンフレットや活動チラシ、掲載新聞記事など、運営状況がわかる資料。

 5. 説明会・個別相談について 
【説明会】  ※終了しました。
本助成金についてご関心をお持ちの皆さまに対して、下記の日程で説明会を実施いたします。
参加は、申込み不要、無料です。
参加は、申請の必須条件ではありませんが、助成金の趣旨や重視している点などをご説明しますので、申請をご検討の団体は、ぜひご参加ください。
2016年11月1日 (火)14:00~15:30
2016年11月1日 (金)18:30~20:00
2016年11月2日(水)18:30~20:00
場所:東播磨生活創造センター「かこむ」講座研修室

【個別相談】 ※終了しました。
11月17日(木)9:30~13:30(ひょうごコミュニティ財団スタッフが担当)
12月1日(木)9:30~13:30(ひょうごコミュニティ財団スタッフが担当)
12月7日(水)9:30〜13:30(ひょうごコミュニティ財団スタッフが担当)

12月8日(木)9:30〜13:30(ひょうごコミュニティ財団スタッフが担当)
上記以外の曜日・時間帯はNPO法人シミンズシーズスタッフが担当します。
場所:東播磨生活創造センター「かこむ」
*要予約(TEL 078-380-3400 までお電話ください。「かこむ」窓口でも予約可能です)

 6. 問い合わせ 
公益財団法人 ひょうごコミュニティ財団
〒650-0022 神戸市中央区元町通6-7-9 秋毎ビル 3階
電話:078-380-3400(月~金 10:00~17:00) FAX:078-367-3337
E- mail:hyogo@communityfund.jp
担当:実吉(じつよし) 永田(ながた)

==========================================

「輝け加古川こども基金」第1期助成実績

本基金には、加古川エリアの子ども・次世代を応援する熱い思いを持った34団体から応募がありました。
応募は昨年11月9日から12月14日まで。この間毎週木曜日に助成金申請相談を東播磨生活創造センター「かこむ」で開催いたしました。
選考委員会を本年1月19日に開催し、厳正な審査の結果15団体(100万円上限の発展コース5団体、10万円上限の基本コース10団体)総額2,521,320円の助成を決定いたしました。

応募の状況や採択団体の選評など、詳細に関しては選考結果のご報告をご覧下さい。⇒こちら

【輝け加古川こども基金】採択団体一覧表

【基本コース】
団体名 事業名 代表者氏名 助成金額(円)
加古川おやこ劇場 加古川おやこ劇場第273回例会
ぬいぐるみミュージカル「ピノキオ」
岡本 久美子 100,000
加古川こどもマジック育成会 輝け加古川こども基金助成金
基本コース
馬田 力 50,000
加古川市少年団指導者協議会 ジュニア・リーダー育成事業 原 忠司 50,000
加古川マダン実行委員会 第14回なかよし加古川マダン 橘 純一郎 80,000
こども工房 こどもモノ作り体験学習 事業 村上 輝男 70,000
ボーイスカウト加古川第5団 さあ でかけよう!(子ども・次世代の健全な成長と自立に資するための事業) 田村 範夫 70,000
Heart Beat Style 食×ことば×音楽 落水 七重 100,000
ボランティアグループ“なの花” 子育て支援、各世代の子供と
ご家族に、昔ことを語りつごう
佐藤 亘男 50,000
まちの寺子屋ベイ 体験型イベント【寺子屋フェスタ】 別所 聖示 50,000
特定非営利活動法人OneHeart わんはーと 子ども食堂 藤田 のりゑ 100,000
【発展コース】
加古川シティオペラ・ジュニア
『チェルキオ』
加古川シティオペラ・ジュニア『チェルキオ』
第8回定期公演
田代 恭也 250,000
特定非営利活動法人
子育てサポート☆きらりing
加古川市より発信!
保育士リワーク支援と託児サービスのコラボ事業
下村 千登勢 995,800
市民をつなぐネットワークを考える会
「う・ふ・ふ」
「楽つみ木」を使って子どもの健全育成を支援する 高橋 智恵美 155,520
特定非営利活動法人
高砂キッズ・スペース
こどものまち加古川2016 久井 志保 200,000
特定非営利活動法人
わかば福祉会
わかばふれ愛ホーム森の家の開設 久保田 静子 200,000
  (団体名五十音順/敬称略)
基本コース(A) 発展コース(B) 合計(A)+(B)
採択件数 10団体 5団体 15団体
助成金額合計 720,000円 1,801,320円 2,521,320円

助成対象期間 2016年4月1日~2017年3月31日

選考委員
選考委員長 吉田実盛(鶴林寺真光院住職)
選考委員  石堂美紀代((特活)子育てサポート☆きらりing顧問)
選考委員  柏木登起((特活)シミンズシーズ代表理事)
選考委員  勝木洋子(神戸親和女子大学教授)
選考委員  門野隆弘(神戸新聞東播支社長)
選考委員  桑田純一郎(但陽信用金庫理事長)
(敬称略)
※応募団体に利害関係を有する選考委員は、当該団体の選考から外れています。

協力
特定非営利活動法人 シミンズシーズ

============================================