ひょうごコミュニティ財団メールNews 第19号(2014/01/10)

ひょうごコミュニティ財団(以下HCF)メールNews第19号(毎月初旬発行)

=====■ 今月のトピック ■=====

1.財団として初めての新年です

2.西播磨、但馬、淡路でお会いしましょう

3.『寄付集め「はじめの一歩」講座』を開催しました

=====■=========■=====
※このNewsは、HCFの応援人、名刺交換させていただいた方に、HCFの「今」を
お伝えするために定期的に発行しています。
○———-
財団として初めての新年です
○———-

皆さま、明けましておめでとうございます。

昨年は、当財団の立ち上げ準備から法人設立(6月)、公益財団法人化(7月)と、多くの皆さまに支えられて、無事船出ができました。本当にありがとうございました。

設立から半年、この間は助成事業実施へ向けた資金集めと、どんな助成事業が求められているかのリサーチに時間を費やしてきました。県内各地域にお邪魔して、地域の課題を教えてもらい、それに取り組む方々と交流を深めてきました。

また、何らかの社会貢献をしたいという企業・団体・個人のご相談に乗り、ともに社会を良くする動きを創り出していこうというご相談を始めています。この部分は今年特に力を入れたいところです。

今月末からは、いよいよ当財団初の助成事業となる「共感寄付」事業を始めます。これは、市民活動センター神戸が一昨年から先行実施していたプログラムを財団で引き継ぎ、実施するもので、内容をさらに充実させて実施予定です。ぜひご注目ください。

公益財団法人というとまるで大型客船のようですが、実際には手漕ぎボートみたいなものです。ボートですが、「地域で市民が市民活動を支える、そのお金の流れをつくる」というミッションに感じて何人ものボランティアが参加してくださり、スタッフも一所懸命がんばっています。その輪をもっともっと拡げていけるよう頑張りますので、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

(専務理事 実吉威)
○———-
西播磨、但馬、淡路でお会いしましょう
○———-

12月17日(火)には西播磨方面に、
12月24日(火)には但馬方面に、
12月27日(金)には淡路方面に、
HCFスタッフが訪問させていただきました。

各地域での団体の活動や課題について教えていただき、ありがとうございました。
同じ兵庫の仲間として、どのようにお役に立てるか考えつつ、これからも交流させていただきたいと思います。

1月22日(水)には但馬方面に、
1月23日(木)には西播磨方面に、
お伺いしますので、よろしくお願いいたします。
○———-
『寄付集め「はじめの一歩」講座』を開催しました
○———-

12月9日に『寄付集め「はじめの一歩」講座』の実践講座を開催しました。
財団の川中理事のファシリテーションもすばらしく、参加者からは、自団体のことを見直すきっかけになった、前向きに取り組もうと思うなど、前向きな感想をいただきました。
11月からの基礎講座に引き続いての実施で、参加者同士の交流もできたこともよかったようです。

ご協力ありがとうございました。
————————————————–
※ご意見ご感想をお待ちしています。
hyogo@communityfund.jpまでメールでお寄せください。

※フェイスブックページでは基金設立への軌跡をご覧いただけます。
「いいね!」お待ちしています☆
http://www.facebook.com/HyogoCommunityFund
————————————————–

=====■ 発行者 ■=====
発行・運営者 公益財団法人 ひょうごコミュニティ財団
〒657-0022 神戸市中央区元町通6-7-9 秋毎ビル3階
TEL: 078-380-3400  FAX: 078-367-3337
E-mail: hyogo@communityfund.jp
URL: http://hyogo.communityfund.jp/
=================
※メールNewsの受信を停止したい方は、
hyogo@communityfund.jpまでメールをお送りください。