ご寄付への税の優遇について

税制優遇について

公益財団法人ひょうごコミュニティ財団へのご寄付は、所得税や住民税の税金還付など、税制上の優遇措置が受けられます。優遇措置について大まかには次の通りです。詳細はお気軽にお問い合せください。

相続・遺贈によるご寄付の場合

相続税の非課税財産になります。

個人が寄付される場合

税制優遇を受けるには確定申告が必要です。

◎所得税からの控除

下記の方式のうちどちらかメリットの大きい方を選択できます。

◆ 税額控除方式
「所得税額」から「(寄付額-2,000円)✕40%」が控除されます。
※所得税額の25%が限度です。

◆所得控除方式
「所得」から控除されます。税率が高い方にメリットがあります。
※総所得額の40%が限度です。

◎住民税からの控除

神戸市内にお住まいの方
寄付金額のうち、2,000円を超える額の6%が個人住民税から控除されます。 

つまり、神戸市内にお住まいの方が神戸市内の認定NPO法人・公益財団法人に寄付された場合は、税額控除方式を選択すると最大46%の税額控除(または所得控除と個人住民税の税額控除(10%)の合算)が受けられます。

◇計算例

神戸市にお住まいの方で、所得税率10%の方が年間10,000円、100,000円を寄付された 場合の計算例です。

計算例1(寄付額=10,000円の場合)
税額控除方式 所得控除方式
所得税 (10,000円-2,000円)×40%=3,200円(還付額)
※ただし、所得税額の25%が限界です。
(10,000円-2,000円)×10%=800円(還付額)
※ただし、総所得額の40%が限界です。
個人住民税 神戸市民税
(10,000円-2,000円)×6%=480円(軽減額)

つまり、税額控除方式では 計3,680円、所得控除方式では 計1,280円が、税金から控除されます。

計算例2(寄付額=100,000円の場合)
税額控除方式 所得控除方式
所得税 (100,000円-2,000円)×40%=
39,200円(還付額)
※ただし、所得税額の25%が限界です。
(100,000円-2,000円)×10%=
9,800円(還付額)
※ただし、総所得額の40%が限界です。
個人住民税 神戸市民税
(100,000円-2,000円)×6%=5,880円(軽減額)

つまり、税額控除方式では 計45,080円、所得控除方式では 計15,680円が、税金から控除されます。

法人が寄付される場合

法人の公益財団法人ひょうごコミュニティ財団へのご寄付は、一般寄付金の損金算入限度額とは別に、特別損金算入限度額の範囲内で損金算入が認められます。
※1 寄付金の額は、他の認定NPO法人や公益財団法人等(特定公益増進法人)に対する寄付金の額と合わせて計算されます。

hp zu

◇一般寄付金の損金算入限度額

普通法人の場合、次の算式により求められた金額をいいます。
(資本金等の額×0.25%+所得金額×2.5%)×1/4

◇特別損金算入限度額

普通法人の場合、次の算式により求められた金額をいいます。
(資本金等の額×0.375%+所得金額×6.25%)×1/2
※2 事業年度が1年未満である場合には計算式が異なります。

計算例

資本金 所得 損金枠
1000万円 100万円 1.25万円 一般の法人
(一般寄付金の損金算入限度額)
6.25万円 公益財団法人等
(一般寄付金の限度額+特別損金算入限度額)
1億円 2000万円 18.75万円 一般の法人
100万円 公益財団法人等
10億円 5億 375万円 一般の法人
2125万円 公益財団法人等

◎税額控除に関わる証明書はこちら

◎領収書の発行について

寄付金控除等の税制優遇を受ける場合は、当法人が発行する領収書を添付した確定申告(個人の場合)が必要となります。大切に保管くださいますようお願いいたします。
※領収書の再発行は行えません。ご了承下さい。
※クレジットカードによる寄付は、公益財団法人ひょうごコミュニティ財団に入金されるまでに2〜3ヶ月かかります。
当法人への入金日が領収書の日付となりますので、ご注意ください。